​ 精神ガイドラインリアル予想 

問1~問5までの質問に答えて、アンケートフォームで送信してください。最近の判定傾向に沿った障害等級をリアル予想します。ただし、この予想は当ホームページ作者の予測ですから、年金機構の判定を保証するものではありません。(1~2日程度で返信します)

  問1:日常生活能力の判定7項目の合計点は、何点ですか?      

                
① 適切な食事摂取                      

(1点)できる

(2点)自発的にできるが、時には助言や指導を必要とする       
(3点)自発的かつ適正に行うことはできないが、助言や指導があればできる      
(4点)助言や指導をしてもできない、若しくは行わない   
            
② 身辺の生活保持                       
(1点)できる 
(2点)自発的にできるが、時には助言や指導を必要とする      
(3点)自発的かつ適正に行うことはできないが、助言や指導があればできる     
(4点)助言や指導をしてもできない、若しくは行わない 
            
③ 金銭管理と買い物                       
(1点)できる        
(2点)おおむねできるが、時には助言や指導を必要とする  
(3点)助言や指導があればできる    
(4点)助言や指導をしてもできない、若しくは行わない      
            
④ 通院と服薬                       
(1点)できる        
(2点)おおむねできるが、時には助言や指導を必要とする        
(3点)助言や指導があればできる 
(4点)助言や指導をしてもできない、若しくは行わない       
            
⑤ 他人との意志伝達および対人関係                      
(1点)できる        
(2点)おおむねできるが、時には助言や指導を必要とする        
(3点)助言や指導があればできる        
(4点)助言や指導をしてもできない、若しくは行わない        
            
⑥ 身辺の安全保持および危機対応                      
(1点)できる 
(2点)おおむねできるが、時には助言や指導を必要とする        
(3点)助言や指導があればできる        
(4点)助言や指導をしてもできない、若しくは行わない       
            
⑦ 社会性(公共施設の利用等)                      
(1点)できる        
(2点)おおむねできるが、時には助言や指導を必要とする      
(3点)助言や指導があればできる     
(4点)助言や指導をしてもできない、若しくは行わない        


                   
  問2:日常生活能力の程度は何番ですか?  

                    
(1)    精神障害(病的体験・残遺症状・認知障害・性格変化等)を認めるが、社会生活は普通にできる。        
(2)    精神障害を認め、家庭内の日常生活は普通にできるが、社会生活には援助が必要である。        
3)    精神障害を認め、家庭内の単純は日常生活はできるが、時に応じて援助が必要である。        
(4)    精神障害を認め、日常生活における身の回りのことも、多くの援助が必要である。        
(5)    精神障害を認め、身の回りのこともほとんどできないため、常時の援助が必要である。  

 問3:食事や掃除は、だれがしますか?

​(A)ひとり暮らしで、食事・掃除は自分でできる。

(B)家族と同居しており、食事や掃除は家族がほとんどやってくれる。

(C)ひとり暮らしだが、ヘルパーさんや親戚などが定期的に世話をしてくれる。

 問4:現在、働いていますか?

(ア)正社員で週5日以上、1日7時間以上働いている。

(イ)障害者雇用枠で働いている。

(ウ)働いているが、働く日数や労働時間が他の社員よりも少ない。

(エ)就労継続支援A型で働いている。

(オ)就労継続支援B型で働いている。

(カ)ほとんど働いていない

 問5:働いている場合は、月収はいくらですか?

​アンケートフォーム