メイン001-1.jpg

障害年金はむずかしくてわからない。

自分だけでは、とても無理。

家族にだって頼めない・・・

 

そんな不安をお持ちのあなたを

障害年金専門の社労士が全力でサポートします。

障害年金相談

虹の彼方に社労士事務所

着手金0円完全成果報酬制

相談専用ダイヤル
​9:00~20:00(水曜休)
お問い合わせフォーム
(24時間受付)

《社労士に依頼するメリットは? 》

 ☑ 面倒な書類を作ってくれる

 ☑ 複雑なルールを憶えなくて良い

 決定までの時間が短縮できる

 ☑ 申請のストレスが軽減される

​《事務所のモットー》

障害年金は1円でも多く、1日でも早く

障害年金は準備を初めてから最初の年金が振り込まれるまで半年以上かかるのが普通です。相談者の身になれば、支給決定は当然のこと、できるだけ早く年金をもらるようにサポートします。

 事務所のこだわり 

0円-02.jpg

障害年金の請求を考える方にとって最初のハードルが着手金の支払いです。「障害年金はもらいたいが、働けないので着手金が払えない」という障害者を援助するため、着手金を0円(無料)としました。

事務手数料等の名目でそれ以外の経費請求も一切ありません。障害年金が決定して、最初の年金が入金されて初めて料金が発生する《完全成果報酬制》をとっています。

相談02.jpg
視覚と精神-2.jpg

障害年金は自分から請求しないともらえません。しかし、障害を持つ方が自分ひとりで年金申請をするのたいへんです。まずは専門家に相談することですが、外出がむずかしい方も大勢いらっしゃいます。当事務所では、誰もが無料相談しやすいよう3つの相談方法が選べます。

来所が不要な電話・メールによる相談と、こちらから出向く 訪問相談を優先しています。その上で、外出に困らない相談者の方には柏駅から徒歩3分の事務所に来ていただく 来所相談も用意しています。

当事務所では全ての障害をあつかっていますが、得意分野があります。

障害年金請求は、障害者の今後の生活を左右する非常に大きな出来事です。成功して年金をもらえるのと、失敗するのでは天と地の違いです。なかでも網膜色素変性症・緑内障といった《視野障害》は申請が難しい障害です。この分野に詳しい社労士は日本中でもわずかしかいないため、地元の社労士では手に負えないようね難しい案件の依頼を日本全国から受けています。

うつ病・発達障害等の精神障害は、障害年金の中でも最も人数が多い障害です。しかし、依頼人とのコミュニケーションで苦労している社労士が多いのも実情です。

当事務所では、本人と家族に寄りそった対応で信頼を得ています。

 Newsと更新情報 

このコーナーでは新着情報と障害別の申請ポイント解説を毎週発信します。

​ 代表からのご挨拶 

私は家族が網膜色素変性症という眼の難病で障害年金を取得したことをきっかけに社労士になりました。ところが社労士になって相談をはじめてみると、多くの方が障害年金をもらえる状態であるのに手続きができずに困っていることに気づきました。

その理由は、障害年金の手続きが複雑で、素人が簡単に理解するのは難しいからです。また、手続きを進めるには、何度も年金事務所や病院に行くことが必要になりますが、外出がなかなかできない場合もあります。

そこで、障害者とその家族に出来るだけ負担をかけずに障害年金の申請をして受給できることを目指してこの事務所を立ち上げました。

「虹の彼方にある幸せを求めて」力いっぱいサポートさせていただきます。

トリミング20200113.jpg

虹の彼方に 社労士事務所
社会保険労務士 中野一朗
手紙.jpg

Aさんは、うつ病と発達障害で苦しんでいました。他人とコミュニケーションがうまくとれず、転職を繰り返すうちに症状が悪化していきました。たとえ、相手が主治医であっても、Aさんにとっては『100%か0%』しかありません。医師が信頼できないと思えば処方された薬でも捨ててしまいます。私が初めてAさんとお会いした時は仕事も辞めて家に引きこもっていました。私の前にお会いした社労士とは相性が合わず1日でキャンセルしたそうです。私はAさんとお話しするうちに、「上から目線の上司や、エラそうな医師には強いストレスを感じる人だ」と気づきました。そこで、同じ目線で丁寧な説明を続けるうちにAさんの信頼を得ることができました。その結果、申請は非常にスムーズに運び、短期間で障害厚生年金2級をを受給することができました。

​ 障害年金のキホン 

障害年金で一番大事なのは初診日の証明です。

障害の程度が、未だ障害年金の基準に達していない場合は、達するまで待って何度でも申請できます。

しかし、障害の初診日が20歳前か?国民年金または厚生年金に加入して条件を満たす保険料を払っていたか?のどちらかが証明されないと、いつになっても障害年金をもらえません。

初診証明がとれずに障害年金がもらえず泣いている人は大勢います。

社労士の一番の仕事は、依頼人と一緒になって有効な初診日を見つけだし、これを証明することだと言って良いでしょう。

​ 最新情報はtwitterで発信中 

ブログの代わりに最新情報をtwitterにイラスト入りでアップしています。
ツイッター画面20211003.jpg

 事務所へのアクセス 

虹の彼方に社労士事務所

 

〒277-0005

千葉県柏市柏2-7-23 コササビル2F 

JR柏駅東口から徒歩3分

1階にヤマト急便があるビルの2階です。

眼や体が不自由な方が来所する際は、柏駅までお迎えにあがります。

​障害年金の相談は
虹の彼方に社労士事務所

相談専用ダイヤル
​9:00~20:00(水曜休み)

問い合わせフォームはこちら
​24時間受付中

対象エリアと障害の種類

●松戸市・柏市・流山市・我孫子市・野田市・鎌ヶ谷市等の近隣エリア

​地域の医療機関や就労施設のと連携して「全ての障害」に対応します。

●葛飾区・足立区・船橋市・市川市等の周辺エリア

全ての障害に対応しますが、うつ病・発達障害・統合失調症・双極性障害等の精神障害のご相談はカウンセリングマインドを理解したていねいな対応をさせていただいており相談も多いです。

●この他の千葉県・東京都・埼玉県・茨城県エリアの相談者に対しては、当事務所から片道で50kmまでは交通費無料で訪問相談を承ります。(千葉市・都内23区・さいたま市までが目安です)

網膜色素変性症・緑内障等の視覚障害は当事務所が最も得意とする分野です。視覚障害に詳しい社労士は非常に少ないため、日本全国からの相談や依頼に応じております。電話・メール・レターパックの通信相談で問題ありませんが、現地の病院への同行等が必要な場合は日当無料・交通費実費で対応いたします。